« April 2006 | トップページ | June 2006 »

ポケット路線図に「ニュルンベルク」と「ゲルゼンキルヒェン」の市街路線図を追加

 今朝の対ドイツ親善試合はいい試合でしたね。早朝にも関わらず、かなり熱く楽しめました。

 さて、ポケット路線図のドイツW杯企画ですが、予選リーグ:日本 vs. クロアチアが行われる予定の「ニュルンベルク」と、開催地の1つでブンデスリーガの強豪「FCシャルケ04」のホーム「ゲルゼンキルヒェン」の2枚の市街路線図を追加しました。

Schienennetz Nurnberg (ニュルンベルク市街路線図)
Schienennetz Gelsenkirchen (ゲルゼンキルヒェン市街路線図)

※Nurnbergのuはウムラウト付き。

2006 05 31 [ポケット路線図] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ドイツW杯開催都市の路線図を作ってみました

 サッカーW杯2006ドイツ大会の開幕が間近に迫ってきました。日本時間の明朝には、開催国のドイツと親善試合があるわけで、国内もW杯モード全快になりつつありますね。

 実は4年前の自国開催の時にもアイデアだけはあったのですが、実現に至らなかった企画がありました。それが、現ポケット路線図の国際版です。当時はまだ国内版すら整備できていませんでしたが、ソウルを何とかならないかと模索しました。しかし、思ったより複雑な路線やフォント、当時の技能的な問題、私自身の体力的な問題などでどうにも間に合いませんでした。

 ですが、今大会はこれを実行に移すことができそうです。とりあえず、お試しなんですが、6月22日に日本 vs.ブラジルが開催されるドルトムント(Dortmund)の鉄道路線図を「ポケット路線図 for 京ぽん」で閲覧できるようにしてみました。プルダウンメニューからではなく、サイトのトップページからのアクセスになります。

 元ネタは、はじめはドイツ国内のサイトを調べていましたが、国内でたいへん多くの情報をまとめられている方がいらしたので、主にそちらからリンクされているサイトを参考にさせていただきました。

(参考)白川純の鉄道個人旅行
     ↑サイト内の「ドイツ・ワールドカップサッカー専門チャンネル」

 私自身、ドイツ語は大学の一般教養レベルかつ、学生時代はほとんどやる気なし。しかも、ドイツに行ったこともないし、ドイツの鉄道事情に詳しいわけでもありません。タイトル名とか、何か根本的な間違いがあったり、ウィルコム端末向けに作っても現地で見れるのか?とか、そもそも突っ込みどころ満載かもしれませんが、ドイツやドイツ語に詳しい方がいらっしゃいましたら、やさしくご指南していただけると助かります。あと、一応、各種端末向けに各ファイル形式での提供も予定はしています。まずは、どの程度需要があるものか知りたいかなという段階でして...

 なお、中身はすべてドイツ語で書いてあるので、日本人限定というわけでもありません。W杯を観戦しに行かれる方、ドイツ在住の方なら、国籍を問わずお使いいただけるものと思います。そこそこ「いい感じ」な気もするので、ぜひ!

2006 05 30 [ポケット路線図] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

Kingston miniSD 1GBが¥2999とは!

 お昼を食べに出かけたとき、あきばおー参号店で見つけたこの品。miniSDならそろそろ2GBも欲しいところだけど、512MB~1GBならそもそも何枚持っていても困らないだけに、Kingston品がこの価格ならさすがに耐えられず。なお、このプライスは参号店の週末限定特価らしく、壱号店&弐号店では¥3480。参号店も通常時は¥3480。ラオックスザコン館4Fでも¥3980?で出ていたので、スポット品かな?

Kingston_sd Palm OSのCardInfoでは、Toshiba製と出ました。付属のminiSD-SDアダプタの安っぽい作りが気にいらないけど、C-guys品やSamsung純正品のように、アダプタ裏に端子が露出するタイプよりはマシかな。スペック的には読み書き7MB/secくらいらしいし(実測は未計測)、東芝OEMがこの値段なら「とりあえず買っとけ!」的な品であることは間違いないか。WX310SAでの写真撮影、SV-SD90でのSD-Audio転送/再生は特に問題なし。まぁ、東芝製なら当たり前だが。

 しかし、miniSD 1GB。メーカー品の半年前の価格から、もう半額ならぬ3分の1ですか。恐ろしい値下がり具合ですなぁ...

2006 05 28 [街レポ] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

『ポケット路線図 for 京ぽん』のJR関西鉄道路線図をエリア拡張して『JR近畿広域路線図』に

Jrkinkirailway_small 『ポケット路線図 for 京ぽん』に含まれる『JR関西鉄道路線図(JR関西アーバンネットワーク)』のエリアを拡張した新作、『JR近畿広域路線図』を公開しました。実質は差し替えなので、「ポケット路線図 for 京ぽん」では、今後はJR近畿広域路線図のみの提供となります。

 特徴としては、

・近畿地方に含まれるJR駅をすべてカバー。
・JR線が乗り入れるなど、関係の深い私鉄(智頭急行、若桜鉄道、北近畿タンゴ鉄道)を収録。
・北西端は鳥取駅、北東端は武生駅(福井県)、西端は上郡駅と備前福河駅、東端は、亀山駅と大垣駅。

 といった感じで、JR関東広域路線図とコンセプトを同じにする関西版といった趣でデザインされています。まぁ、実を言うと、東海道・山陽線の新快速が福井県敦賀駅まで延びるのを見越して、数年前に準備していたものを元に手を加えたものだったりしますが...(という感じで、未公開のまま眠っている路線図がいくつかあるのです。JR広島シティネットワーク(仮称)とか、広島市電路線図、福岡鉄道路線図(仮称)などなど。このままお蔵入りになりそうではありますが...)

 また、JR近畿広域路線図はJR関東広域路線図に次ぐサイズの大きな路線図になるわけですが、現在AH-K3001Vで表示できないらしいJR関東広域路線図の解決策になりそうな施策を施しています。同じく表示できないWX310SAでは問題ないので、AH-K3001Vで『JR近畿広域路線図』が表示できているようであれば、同様の施策を施したいと思います。このあたり、AH-K3001Vユーザの方からコメントいただけると助かります。

 なお、Palm OS版を別途用意するかは検討中です。需要があれば期間限定で公開したいとは思っていますが...

2006 05 21 [ポケット路線図] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック