2006/2/2公開のフレッツ接続ツールWM2003SE版もW-zero3にはインストールできず

 昨日書いた、Windows Mobile 2003SE用の新しいフレッツ接続ツールの件。W-ZERO3にインストールできるか試してみましたが...ダメでした。ActiveSync経由でのインストールで行いましたが、このメッセージが出るとなると、cabファイルをzero3で展開しても同様の結果になると思います。

zero3_flets-spot02

zero3_flets-spot03

zero3_flets-spot04

 こりゃ、本格的にNTT西日本にクレーム...じゃなかった、Windows Mobile 2005 & zero3への対応を、顧客の立場であるフレッツ利用者が要望しないといけないようですね。

---
 ところで、なぜ、フレッツ・スポットにこだわるのか?
 zero3所有者なら、5月末までNTTコムのホットスポットを無料でつかい放題なのだから、それでいいじゃないか?

 まぁ、そうなんだけど、ホットスポットのエリア数がそこそこ多いのはあくまで東京23区内で、郊外や地方都市に至っては使い道のないビジネスホテルで数を稼ぐという始末。ウィルコムは全国規模でサービスを提供しているのだから、もうちょっと東西格差だけでも何とかして欲しいのだ。以下、手持ちのデータベースより引用(1つのホテルで複数の宴会場とロビーがエリアになっている場合は1箇所としてカウント)。

○ホットスポット・エリア数の地域格差
 東日本 819箇所 vs. 383箇所 西日本
 東京23区 524箇所 vs. 93箇所 大阪市 vs. 64箇所 名古屋市

 ウィルコムの今後の策としては、ホットスポットだけでなく、BBモバイルポイントとも提携してもらって、ホットスポット+BBモバイルポイントの月額料金の合計よりも安値感を感じさせるオプションプランを用意してもらうのが個人的にはいいかなと思っているが、もっと拙速な策としては、西日本のユーザ向けに、zero3でフレッツ・スポットが使えるようになればそれでもいいかなと思う。

 ウィルコム無線LANオプションは、現在は無料だが6月以降は標準的なプラン利用時は月額700円になる。フレッツ・スポットは、ブロードバンド契約ひも付け時で月額840円、ひも付けされていないときでも月額945円で利用できる。関西在住者であれば、利用対象のスポット数に明らかに違いがあるわけだから、ウィルコム無線LANオプションの魅力などほとんどない。

 それともう一つ。スマートフォンやPDAでの利用に限っていえば、イチイチID/パスワードを入れてウェブ認証するよりも、専用のツールを起動してボタンを押すだけの方が『毎日、普通に使う』というシチュエーションでは明らかに有利だ。

 といった感じで、関係各位には何とかお願いしたいのだけど...

2006 02 03 [無線乱斬] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/8482788

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/2/2公開のフレッツ接続ツールWM2003SE版もW-zero3にはインストールできず:

» [W-ZERO3][Windows Mobile] ぷらっと新宿,公開のフレッツ接続ツールWM2003SE版もW-zero3にはインストールできず [2006/2/2] from MOBILE DAILY NEWS blog版
Windows Mobile 2003SE用の新しいフレッツ接続ツールは,W-ZERO3にインストールできなかったそうです。 http://vagabond.air-nifty.com/plat/2006/02/200622wm2003sew_36fd.html 続きを読む

受信: Feb 3, 2006 11:21:33 PM

» 無線LAN from Buy to Text
NTT西日本の「フレッツ・スポット」モバイルモニタに応募したら、見事?に当選した 続きを読む

受信: Mar 22, 2006 4:14:10 AM

コメント

コメントを書く