無線LAN倶楽部終了に伴う、各社ローミングへの影響

 無線LAN倶楽部終了による影響を最も受けたのは、当然のことながら、既に無線LAN倶楽部・スタンダードやライトに加入していたユーザである。しかし、無線LAN倶楽部のエリアをローミングによりサービス提供していたBBモバイルポイントなどの無線LANサービス事業者も、少なからず、いや、結構大きな影響を受けていたりする。

 無線LAN倶楽部が終了する以前、BBモバイルポイントと無線LAN倶楽部は、対等的にローミングをしていたわけだが、そのおかげで無線LAN倶楽部・スタンダード加入者はJR系のアクセスポイントを使い放題で利用することができた。その逆にあたる、BBモバイルポイント提携ISPで月額コースで利用していたユーザも、首都圏の私鉄・地下鉄各駅で使い放題で利用することができたわけだ。

 しかし、無線LAN倶楽部終了に伴い、この関係も終了。BBモバイルポイントのアカウントでは首都圏の私鉄・地下鉄各駅での利用はできなくなり、別途、ホットスポットかMzone、フレッツ・スポットを利用しなければならなくなった。これは、BBモバイルポイントにとっても結構大きなマイナス点。

 他に、無線LAN倶楽部とのローミングを実現していたサービスとしては、bモバイルワイヤレスゲートMzoneが挙げられる。Mzoneについては、無線LAN倶楽部終了のアナウンスとともに、無線LAN倶楽部が提供していた私鉄各駅のエリアが共有化され、Mzoneやフレッツ・スポットでも使えるようになったこと、東京メトロ各駅では元からMzoneが使えたことも相まって、逆に利便性が向上した。悪影響はほぼ皆無と言えるだろうか。

 bモバイルについては、元からホットスポットとも提携関係にあることで、東京メトロ・都営地下鉄各駅については継続して利用できている。そのため、影響は「私鉄各駅で使えなくなった」ことだけで済んだ。人によっては「だけで済んだ」というわけにはいかないかもしれないが...

 ワイヤレスゲートについては、他のサービスとは少々事情が異なる。ちょっと調べてみたのだけど、現在でも旧無線LAN倶楽部のスポットでもログインはできる、つまり使えるようだ(サポートに確認済み。実際に京王線新宿駅でも確認済み)。そのため、無線LAN倶楽部が終了したからといって、首都圏の私鉄各駅で使えなくなったわけではない。しかし、先のエントリで書いたように、東京メトロと都営地下鉄のスポットは旧無線LAN倶楽部と同じ設定ではアクセスポイント自体に接続できなくなっている。ワイヤレスゲートのサイトでは、東京メトロ各駅もエリアであると記載されているが、さて、どうなるか(現在問い合わせ中)。

2006 01 11 [無線乱斬] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/8110714

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LAN倶楽部終了に伴う、各社ローミングへの影響:

コメント

ただ単にHOTSPOT経由で接続すれば話は済むと思うのですが>ワイアレスゲート
#無線LAN倶楽部の認証関連については後程

投稿者: つかなな (Jan 11, 2006 4:28:57 PM)

つかななさん、どうも。

ワイヤレスゲートってホットスポットは使えなかったんじゃなかったでしたっけ?

投稿者: しげ (Jan 11, 2006 7:30:01 PM)

(to しげ-san)
あ・・・・(^^; 失礼しました。

# しかし、どうするんでしょうねぇ・・・>トリプレットゲート

投稿者: つかなな (Jan 11, 2006 9:38:46 PM)

つかななさん、どうも
問い合わせに対する回答が先ほど帰ってきましたが、何とか使えるように調整中とのことでした。

無線LAN倶楽部側でまとめて切断してしまった以上、ワイヤレスゲートが現在の提携だけで東京メトロ等のスポットで再び使えるようにするのって難しそうですよね。今までなんでホットスポットと提携しなかったのかわかりませんが、この線で進めるしかないんじゃないかな?

投稿者: しげ (Jan 11, 2006 10:32:29 PM)

コメントを書く