【WPC 2005メモ】W-ZERO3

○シャープ
・W-ZERO3
 ウィルコムとシャープの両方のブースで触れる状態になっていたが、朝方の空いてる時間帯にシャープブースの方で1時間ほど触らせてもらった。ただ、今回受けた印象は全体的に悪い。pocketgamesによれは、シャープブースの個体よりウィルコムブースのものの方がファームが新しかったらしいので、そう感じたのかもしれないが..

 展示機はいろいろなアプリを立ち上げまくってパフォーマンスが悪化した状態になっていることが多く、周りで使っている人の多くが説明員を呼んでリセットする羽目に陥っていた。これ、展示会というシチュエーションを考えるとどうしてもそんな状況になりやすくて結構問題だ。W-ZERO3に興味を持った人の多くがWindows Mobileというものはどんなものか知らない人が多いだろうし、以前にPocket PC 2002あたりで挫折経験があると、昔のままなのかよという悪印象を植え付けかねない。

 キーボードと文字入力周りは相変わらず良好だった。製品発表会ではちょっと堅めなタッチに思ったが、今回はやや改善されたのかちょうど良い堅さに。配列は慣れの問題。入力モードの切り替えは、Spaceキーの左隣、『文字』キー押下によるトグル。トグルする文字種を自分で選択できるとなおイイかも。

 ハードキーは、設定→ボタンである程度自由にカスタマイズOK。十字ボタンはややストロークが無さ目。スタートボタンからの操作はWindowsMobileだから当然なんだけど、国内の端末を意識するなら、ランチャーメニューも用意した方がいいに決まってるので、これはシャープの追い込みに期待したい。古典的な3x3、あるいは3x4のアイコンメニューでもイイし、京ぽんみたいなカテゴリ別階層メニューでもいい。で、スタートメニューからの操作は、『ショートカット』メニューみたいな位置づけである方が使いやすいと思う。

 あと、着信音量がシステム音量最大→着信音100%でもまだ小さすぎる印象。PDAのアラーム音量は全般的に小さいので開発陣はこれが普通と考えているのかもしれないが、電話ならもっと大きく設定できても良いはず。それに対してのバイブレーションは、現在のままでも十分であった。

 私的には一番注目していたメールに関しては、ウィルコムのpdx.ne.jpのメール設定がされておらず、ウィルコム経由のメール送受信は試せない状況だった。電話はかけられるようになっていたので、今回は電話がどうかということと、フルキーボードの感触を確かめるという位置づけの『一般公開』といったところなのかな。

2005 10 30 [街レポ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/6752971

この記事へのトラックバック一覧です: 【WPC 2005メモ】W-ZERO3:

コメント

コメントを書く