【WPC 2005メモ】WX310Kの追加トライ

 WPC最終日(10/29)。開場から30分間だけ行けそうだったので、WX310Kを再度触りに出かけてみました。ウィルコムブースは開場直後から木曜日の非でないくらいの混雑ぶりで、W-ZERO3には1台につき8~10人、WX310Kにも5人くらいづつの行列ができてました。横目で他のブースを見てもそれほどではないので、ウィルコムの注目の高さはホント凄いですね。

○ウィルコム
・WX310K
 未確認だった「*」ボタン長押しによるBluetooth各機能のオン/オフ。確認してみたところ、説明員の方に伺ったとおり、最後に使ったプロファイルの待ち受けモードのオン/オフとして機能した。つまり、最後にヘッドセットを使っていた場合は*長押しで機能するのはHFPプロファイルの待ち受けのオン/オフで、最後にダイヤルアップ接続していた場合は、DUNの待ち受け画面が表示される。

 ただ、DUNに関しては*を長押ししても、メニュー→アクセサリから呼び出したのと同じで待ち受け中の画面が表示されるだけ。この状態でメール、電話の着信があった場合どうなるかは確認していないが、もし、メールや着信によりDUNの待ち受けがクリアされるとすると、事実上ダイヤルアップ接続する直前にWX310Kを操作する必要が出てくるので、「Bluetoothオンで鞄やポッケに入れっぱなしでいつでも使いたいときにダイヤルアップ」という使い方はできない可能性があるかもしれない...そういう仕様だとすると個人的には大きくマイナスになるのだが...

 まぁ、今日のはあまりにも短時間でのトライなので何とも言えないのだけど...誰かフォローしてくださるとありがたいです。

2005 10 29 [街レポ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/6724472

この記事へのトラックバック一覧です: 【WPC 2005メモ】WX310Kの追加トライ:

コメント

コメントを書く