NTTドコモの『mopera U』を試す(2)メール基本編

 モバイル&ブロードバンド接続サービスとしての「mopera U」が料金の面ではかなりお値打ちなことは前回触れた通り。しかし、mopera Uのスタンダードプランに付属するメールアカウントは、他のISPと比べるといい点もあるのだが、多少イマイチな点も見られる。

 mopera Uのメールアドレスは以下のような形式で、サブドメインを含まない。

 ○○○@mopera.net

 このうち、○○○の部分は、デフォルトではランダムで払い出される文字列だが、自分の好きなものに変更可能で、ケータイのメールアドレスのように第1~第3希望までフォームで入力して変更を申し込む(申し込み後、すぐに連絡がきて利用可能)。もちろん、すでに他のユーザが使っているものは申請しても希望通りに登録できない。

 なお、○○○の部分の変更は1日3回までできる。一般的なメールアドレスの変更としては「そんなにできなくてもいい」感じだが、このあたりもケータイのメールアカウントに準じているようだ。ちなみに、○○○の部分は以下の条件を満たす文字列である必要がある。

○桁数:3~30
○使用可能な文字:半角英小文字、半角数字
○使用可能な記号:『 - 』『 _ 』『 . 』(ハイフン、アンダーバー、ドット)
○その他の条件:
・最初の一文字は必ずアルファベット
・ドット『 . 』使用時は、前後に必ずドット以外の文字を入れること

 メールボックスの仕様は、メールボックス全体の容量が50MB、メールの保存期間は無制限(受信時削除するか、適当に手動で削除する必要がある)。容量面では水準より大きいか? なお、1通あたりのメール容量制限は、送受信メールとも添付ファイル込みで5MB。

 次にメールサーバへのアクセス。メールサーバは、POP3、SMTP、IMAPに対応。APOPやSMTP認証(SMTP-AUTH)、POP over SSL、SMTP over SSLにも対応するので、様々な環境からアクセスしても、セキュリティ面では安心できる。

 なお、SMTPに関しては、SMTP-AUTHによるSMTP認証が必須となっている。SMTP-AUTHに対応していないメールクライアントソフトだと送信できないので要注意。とはいえ、パソコン用メールクライアントだとこの点はすでに問題ないし、クリエなんかでもCLIE MailはSMTP-AUTHに対応しているので問題にはならないだろう。

 ここまでは他のサービスと比べても比較的良いのだが、問題はメールのフィルタリングというか、迷惑メール対策にある。

2005 06 08 [携帯電話・PHS] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/4466595

この記事へのトラックバック一覧です: NTTドコモの『mopera U』を試す(2)メール基本編:

コメント

コメントを書く