みあこネット[その1]kyoto-Inetへの移管後の一時利用は?

 2005年4月1日より、その運営・管理がkyoto-Inetに移管されたみあこネット。それ以前、SCCJが提供していたときは、一時アカウント提供場所が数カ所用意され、誰でも1週間利用できる(実際は期限後も利用できたが..)一時アカウントを入手することができたが、kyoto-Inetに移管後は一時利用の明確な発行方法がまだ示されていない。そこで、kyoto-Inetにこの件について問い合わせをしてみた。

 電話で問い合わせてみると、おっとりした声で「おこしやす~」との返事。自動応答メッセージか?と驚かされたが(笑)、オペレーターさんであった。結局オペレーターさんではわかりかねるということで、この件に関して詳しい担当者から折り返しでご連絡いただいた。

 結論から言うと、現時点でkyoto-Inetやローミング利用できるb-mobileユーザ、みあこネット基地局提供者以外が一時的に利用することはできないということだ。これは、SCCJ運営時に行っていた一時利用の登録方法をそのまま引き継いだだけでは、2005年4月1日より施行された個人情報保護法を満たすことができないとのことで、現在4月中を目処に方策を検討中とのことであった。ということで、現在みあこネットの無線LANを利用できるのは、これらのユーザのみということになる。

 確かに、SCCJ時代の一時アカウント登録については、表形式の申し込み帳に住所、氏名、連絡先TEL、メールアドレスを一行で書くだけで、直前に申し込んだ人の情報は紙を折って隠しているだけ。折り目をペロッとめくれば余裕で個人情報が漏洩してしまう状態であった。この状態を、そのまま企業が引き継ぐことができないのは仕方のない点と言えるが、準備期間がまるでなかったわけでもないわけだから、何らかの対策は欲しかった。

 というわけで、b-mbile one/hoursのみあこネットへのローミングがやっと日の目を見る日が来たという感じ。確かに接続できるまでの手順が楽というメリットもあるが、現時点でみあこネットへのアクセス権を確保しているのは、個人的にも非常に大きい。

2005 04 05 [無線乱斬] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/3574295

この記事へのトラックバック一覧です: みあこネット[その1]kyoto-Inetへの移管後の一時利用は?:

コメント

その、新生みあこネットですが、調査結果、実は・・・(以下自粛)

# 結構アカウント管理が昔からいいかげんだったのですが、案の定・・・ですね(謎)

投稿者: つかなな (Apr 7, 2005 8:15:58 PM)

 kyoto-inetのページに出ましたね>ビジターアカウント使用方法

 エリア内でポータルサイトに接続して、携帯電話のアドレスへアカウント発給URLを送り、そこからIDとpassを取得する方法のようです。
# これだと設置者の負担は減りますから敷居は少しは低くなるでしょうね

投稿者: つかなな (Apr 17, 2005 9:56:33 AM)

つかななさん、どうも。最近仕込みで時間が取られてしまって(苦笑)こちら、書きっぱなしになってました。亀レスすいませんです。

みあこネットのゲストアカウント取得方法ですが、やはり、みあこCANからの申し込みになりましたか。手軽さを考えると、まぁ、想定の範囲内でも良い方(笑)で決着してくれて良かったです。窓口での対人応対ではなくなったので、なにげに24時間対応になったのもプラスですし。

投稿者: しげ (Apr 20, 2005 3:41:04 PM)

コメントを書く