ビジネスFOMA「M1000」とmopera U

 NTTドコモは、同社初のスマートフォンであるビジネスFOMA「M1000」の開発を発表した。M1000については、Symbian OS 7.0搭載ということで、結果的に昨年登場したVodafone 702NKが「露払い役」になってしまったわけだが、国内でのプラットフォームとしてはハッキリ言って「これから」である。M1000の役目は、国内での「スマートフォンの生きる道」を切り開くことであり、後塵を拝することになったauやボーダフォン、ウィルコムに、スマートフォンとしての「別の選択肢」を選ばせることにある。

 本当ならこの役目はボーダフォンに期待していたのだが、長きに渡ったD.グリーン政権の無策経営のおかげで、おはちはドコモに回ってきた。ボーダに関しては、その世界戦略から、多数のスマートフォンを選べる環境作りを、ウィルコムにはPHSネットワークを生かした「つかい放題」なスマートフォンを期待したい。また、プラットフォームとしてSymbianがまだ「10」なら、後発メーカーは「50」とも言えるPalm OS GarnetやWindows Mobile等をスマートフォンのOSに採用するのも一つの手だ。パソコンのようにWindowsで統一されたプラットフォームには利点もあるが、まだ国内では「これから」のSymbianに統一する必要はない。Palm OS GarnetやWindows Mobileなスマートフォンを持ってくるだけで、いきなり盛り上げることもできる。そのあたりをドコモ以外のメーカーには期待したいところ!

 ところでこのM1000。確かにPDAとケータイの融合を感じさせはするが、まだまだな部分も多い。モトローラ製端末ということで一番危惧していた日本語入力環境はDecuma+Wnnで無難にこなしたようだが、パケ・ホーダイ非対応、iモード非対応など、ガッカリな点も多い。私的には、パケ・ホーダイ非対応よりもiモード非対応の方がさらに魅力を減退させる。

 iモードが利用できないと言うことは、ケータイでは当たり前の「メールの自動受信」が標準ではできない点と、豊富で軽量なiモードコンテンツを利用できないということになる。メールに関しては、mopera Uに500円の追加投資をすることでできるようだが、iモードコンテンツが使えないのは痛い。

 確かにフルブラウザのOperaを積んでいるのだからiモードが使える必要はないと思う人もいるだろうが、それはあくまで「ウェブを見る」ことにしかケータイ機器を使わない人の意見。iモード等のケータイ向け、特に公式メニューで提供されているような、ユーザーエージェントや課金方式等により利用端末を制限しているサービスなど「ウェブを使う」ことはできなくなる。パソコン向けの同等内容なサイトを利用すればいいという話もあるが、パソコンに最適化されたコンテンツをケータイで使うことの面倒さは、京ぽんでイヤと言うほど味わっているだけに、ケータイではケータイに最適化されたコンテンツも利用できるようにしてもらった方が良いと思う。また、パケ・ホーダイが使えないわけだから、同じことをするにもよりパケット通信料のかかるパソコン向けサイトを利用するしかないというのもいただけない。恐らく、M1000によってドコモもそういうことを勉強するのではないだろうか。

 ところで、私的には、今回の発表では6月スタートの「mopera U」の方が興味がある...

2005 04 15 [携帯・デジカメ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/3710761

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスFOMA「M1000」とmopera U:

コメント

 このM1000、色々M203やC306等々で期待を裏切ってくれたモトローラ製ということで少々不安(笑)ですが、やはり某部署(imode担当)からは外されちゃいましたね・・・。

# なんとなくPHSのブラウザホン&infogate的悲運をたどりそうな予感がすでに(^^;

 ドコモのこの手のキワモノ端末は古くからdialoやMobile Get、IP-1D等々ありますが、同じような道をたどらないことをただただ祈るのみです・・・。

投稿者: つかなな (Apr 15, 2005 3:54:08 PM)

つかななさん、どうも。亀レスすいません。

ドコモ的には難しいのかもしれないけど、やっぱ、iモードがないと「ケータイ」として見たときに辛いですよね~。コンテンツ的なスケールメリットも出しづらいし...

日本でスマートフォンが成功するためには、スマートフォンである前に、まずケータイとして他機種に比べて圧倒的な弱みを持っていてはいけないと思うんですよ。

さらに、iモードのゲートウェイから入手できる着うたや画像等の圧倒的かつ著作権保護されたコンテンツをSymbian側のアプリでも活用できれば、海外とは違った形でスマートフォンの普及も期待できると思うんだけどなぁ...

投稿者: しげ (Apr 20, 2005 3:27:50 PM)

コメントを書く