『クリエの新機種投入を終了』に寄せて

ソニー、クリエの新機種投入を終了 ~現行機種は7月末まで生産

 このサイトでは、あまり精神論的なことを書くつもりはないのだが、ひとこと、ふたことだけ書かせてもらいたい。

 TH55はそこそこ売れていたので、実は最後にマイナーチェンジ機が出るかもしれないと淡い期待を持っていた。しかし、結局新機種が出ることはなかった。TH55は良くできた機種であり、電子手帳型Palm OSマシンとしては、ある意味で完成型といってもいい。また、最後の機種となったVZ90も、その大きさと重量は電子手帳型PDAとしては問題外だが、従来のクリエで指摘されていた欠点をかなり修正した『ソフト的には問題点の少ない』良機である。だから、この2機種が最後に出てきたのは不幸中の幸いとも思える。

 しかし、だからと言って『はいそうですか』と納得できるほど問題点がないわけでもない。TH55に関しては、PSPの発売が予定されていたのだから、PSP互換なMP4形式への対応がないのは寂しいかぎり。今後拡充されていくであろう、パソコンでのPSP互換なMP4出力環境(例えばCanopusのMTVシリーズとの連携とか)や、恐らく搭載されるであろうスゴ録やPSXのPSP連係機能が使えないのは非常に残念だ。これが使えるのと使えないのとでは、TH55の価値が大きく変わってくる。

 また、このサイト的に大問題と感じるのは、無線LAN対応機種でも未だにPPPoEに未対応、つまりNTT東西のフレッツ・スポットに未対応のままである点だ。確かに関東では『NTT東日本の大失策』により、PPPoEに対応している必要性はほとんどない。しかし、関西(ここでいう『関西』とは、NTT西日本管轄であることから、静岡県、岐阜県、富山県以西)で公衆無線LANサービスを使おうとするなら、フレッツ・スポットに対応していないのでは話にならない。サードパーティでも、NTTでも構わないから、せめて、これだけはなんとかして欲しいのだが...

 まぁ、『私が作りたかったのはNZ90』という、PDAを上辺(スペック)だけでしか見ていないとんでもない発言、『究極のクリエに期待して欲しい』などユーザを惑わす発言など、リーダーとしてはあまりにも突っ込みどころ満載だった吉田氏がプレジデントだったのもクリエにとっては不幸であった。マジでケリの1つも入れたいくらいなのだが、せめてもの罪滅ぼしとして、上記2点だけは最後の置きみやげとしてやって欲しいと切に願う。

2005 02 23 [パソコン・インターネット] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/3043453

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリエの新機種投入を終了』に寄せて:

» ソニーがPDA撤退を決定 from Sevencolorsせぶんからーず
ソニー、PDA撤退を決定、名機CLIEが辿った「本家なき個性派」の悲劇 - CN... 続きを読む

受信: Feb 23, 2005 3:38:10 PM

» クリエ生産終了へ from ゆみしん徒然の書
ソニー、クリエの新機種投入を終了~現行機種は7月末まで生産(PC Watch) ソニー、PDA撤退を 続きを読む

受信: Feb 23, 2005 10:21:31 PM

コメント

わ、ケリですか…(笑。

投稿者: minotan (Feb 23, 2005 11:00:11 AM)

まぁ、NZ90が私が作りたかった発言などで、UX50発表会でも変なもの出しやがったら、蹴り入れてやる発言は近しい人にはしてましたし(^^;)

結果、UX50は私に取ってはMy Best Palmであったわけで、そのときは穏便にすんでいたわけですが...

投稿者: しげ (Feb 24, 2005 12:29:02 PM)

コメントを書く