Mzone[その2]ログインページのデザインが変更に

 ここ2週間、Mzoneのスポットを使う機会がなかったのだが、今日アクセスしてみるとログインページのデザインが変更になっていた。最後にアクセスしたのは1月31日なので、2月1日~14日のうちに変更になったものと思われる。

mzone01-1 新しいログインページでは、基本デザインやPDAの小さな画面でも利用しやすい点には変更はないが、新たに『サービス名』を選択するプルダウンメニューが追加された。これは、他のISPのアカウントを使ってローミング利用するときに付加しなければならない情報を、プルダウンメニューからサービス名を選択することで自動的に入力できるというものだ。○※■のサービスの会員は~▲◇の提供するスポットでローミング利用できるというのは結構知られているが、実際に利用するときになって、入力しなければならないログインIDについては『わからない』というトラブルを防止できる点で、今回の変更は評価できるだろうか。

mzone01-2 プルダウンメニューに用意されているのは、『Telia Home Run』、『NTT-BP 無線LAN倶楽部』、『NTT DoCoMo Mzone』の3つとデフォルトで選択されている『空欄』の4つ。空欄以外を選択してやれば、ユーザIDの箇所にローミングで利用するサービスに適した@以下の付加情報が入力される。MzoneのアカウントでMzoneのスポットを利用するときは、本来は『@』以下の入力は必要ないが、Mzoneを選択すると『@docomo』の文字列がユーザIDの入力欄に追加されるようだ。

mzone01-3 ただ、今まで通り、ログインIDとパスワードの入力欄に正しいログイン情報を入力すれば、別段、サービス名のプルダウンメニューから選択する必要はないようである。ということで、今回の変更は、Java Script利用によるユーザID入力支援機能が追加されただけで、根本的には何も変更になっていないのであろう。だから、ログイン情報の入力支援ソフトを別途使っている人には何ら影響はないものと思われる(RoboFormにて確認)。

 なお、『Telia Home Run』は2005年2月9日にMzone会員がローミング利用できるようになったとリリースのあった北欧中心の通信事業者。恐らく、相互ローミングということで、Telia Home Runのアカウントがあれば、Mzoneのスポットを利用できるようになったのだろう。また、恐らくこれと関連したことだと思うが、ログインページを英語表記に切り替えるリンクが画面右上に追加されている。

2005 02 15 [無線乱斬] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/2937374

この記事へのトラックバック一覧です: Mzone[その2]ログインページのデザインが変更に:

コメント

コメントを書く