『Login DA』(その3)使用する時の注意事項

 Login DAを利用すると、ID/パスワードの入力を省略でき、至極簡単にログインができるわけだが、利用時にはいくつか注意しなければならないこともある。その1つが『ログアウト』だ。

 無線LANサービスを月額定額制で利用している場合や、無線LAN倶楽部のタイムチケット、ホットスポットの1DAY PASPORTを利用しているときは、利用し終わったときにログアウトせずとも取り立てて問題はない。せいぜい、すぐに別の端末でネット接続するときに、しばらく待ってからログインしないと二重ログイン扱いでログインできない(数分待てばログインできる)ことがある程度だ。

 しかし、@nifty IDを利用して、ホットスポットやモバイルポイントのアクセスポイントに分単位の従量制で接続する場合のように、ログインしている間は課金されてしまうケースの場合、使い終わったらログアウトしないとタイムアウトするまでの数分間分の利用料がもったいない。

 クリエの場合、NetFront 3.1 for CLIEを使ってログインすると、履歴からログアウトページにアクセスできる(*注釈1)が、Login DAを利用した場合は当然履歴にログアウトページが残っていたりはしない。なので、事前にログアウトページのURLをブックマークに登録しておくと良いだろう。

 ログアウトページが元から用意されていない無線LAN倶楽部は別にして、各サービスのログアウトページのURLは以下の通り。ただし、これらのURLには、各サービスにログインしているときしかアクセスできない(だからリンクはしていない)。

○ホットスポット:http://logout
 もしくは、http://logout.hotspot.ne.jp
○Mzone:https://wlan.m-zone.jp/wlan/html/metro/v/ja/logout_ja.html
○モバイルポイント:http://211.121.162.209:8080/session.asp

*注釈1
 パソコンでログインした場合は、ログアウトページがポップアップ表示されるが、クリエのNetFront 3.1 for CLIEはマルチウィンドウに対応していないため、ログアウトページは表示されないように見える。しかし、実際には、ログインすると同時にログアウトページが一瞬だけ表示され(ているらしい。早すぎて黙視できないが..(^-^;)、すぐにポータルページに表示が切り替わっている。そのため、ログアウトページは[履歴]に残っていて、履歴からアクセスすることが可能だ。
 なお、NetFrontがver.3.0だと、Java Scriptのwindow.openに対応していないため、ver.3.1のようにログアウトページが履歴に残ったりはしない。

2005 01 26 [無線乱斬] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43005/2699683

この記事へのトラックバック一覧です: 『Login DA』(その3)使用する時の注意事項:

コメント

コメントを書く